MENU

SODVideoLetter利用規約

本利用規約は、SODVideoLetter運営事務局(以下「当局」とする)が運営するSODVideoLetter(以下「本件サービス」とする)及び本件サービスを通じて提供されるその他のサービスについての利用条件を定めるものです。なお、本利用規約は、各サービスにおける説明又はガイドライン等の諸規程(以下「諸規程」という。)と共に重畳的に適用され、当該諸規程は、本利用規約の一部を構成します。本利用規約に同意いただくことで、本件サービスを利用することができます。但し、本利用規約と当該諸規程に矛盾抵触がある場合には、本利用規約が優先するものとします。

第1条 (本件サービスについて)
本件サービスでは、本件サービスを提供するために当局に登録されているモデルに対し、本件サービスを通じて、本件サービスにおいてユーザー登録をした利用者(以下「ユーザー」とする)からリクエストを送り、モデルがこれに応じた場合には、ユーザーがモデルからの音声付き動画メッセージ(以下「本件メッセージ」とする)の提供を受けることが出来ます。
なお、本件サービスは、モデルがユーザー様のリクエスト必ず応じるというサービスではありません。

第2条 (本件サービスの利用条件について)
  1. 1.当局は、当局の定めにより、本件サービスの機能や利用範囲等を、ユーザーの年齢や利用環境等に応じて設定するものとします。
  2. 2.ユーザーは、本件サービスを利用する際には、各機能やサービスについて、必ず利用条件を確認するものとします。
  3. 3.ユーザーは、本件サービスを利用する上で、ユーザー自身が設定する登録情報に、虚偽の情報を掲載してはならないものとします。

第3条 (ユーザー登録について)
  1. 1.ユーザー登録の希望者は、本利用規約の全てに同意した上、本利用規約及び当局が定める方法によりユーザー登録をするものとします。
  2. 2.ユーザー登録は満18歳以上であることとします。(年齢又は生年月日を偽ったことが判明した場合、ユーザーとしての一切の資格は無効となる)

第4条 (モデルから届いた本件メッセージの利用について)
  1. 1.ユーザーは、本件メッセージを受領した時点で、受領した本件メッセージを、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において、非営利及び非宣伝目的にて使用することを目的として、利用する事が可能となります。ただし、ストリーミング配信の期限が過ぎた場合には視聴することは出来なくなります。
  2. 2.本件メッセージがダウンロード可能なものである場合、ダウンロード保証期間を過ぎた本件メッセージの保管、再発行は致しかねます。
  3. 3.ユーザーは、本件メッセージを第三者に販売、譲渡、賃貸又は頒布することはできません。
  4. 4.ユーザーは、本件メッセージを、本利用規約に従ってのみ利用することができますが、本件メッセージについて、当該利用権を超える権利を得るものではありません。
  5. 5.ユーザーが本規約のいずれかの条項に違反した場合、ユーザーの権利は自動的に消滅します(ユーザーの義務は消滅しない)。

第5条 (支払いについて)
  1. 1.ユーザーがモデルへリクエストを行うには、本件サービスへのユーザー登録及びクレジットカード登録が必要です。
  2. 2.ユーザーがモデルへリクエストを送信した時点で、ユーザーが登録したクレジットカードの与信枠がエスクローとして確保されますが、モデルが本件メッセージを当局に登録し、かつ、当局がユーザーへ本件メッセージを提供するまでは、実際の決済は行われません。
  3. 3.ユーザーは、プリベイト式クレジットカード及びデビットカードでの本件サービスのご利用は原則できません。ユーザーがプリベイト式クレジットカード又はデビットカードを利用し、当該カードにおいて本件サービスのキャンセル等ができない場合、当局では一切の責任を負わないものとします。
  4. 4.当局及びモデルは、ユーザーからのリクエストを、当局からユーザーに通知することにより、理由なく、自由にキャンセルすることができるものとし、当該キャンセルについて一切の責任を負わないものとします。
  5. 6.リクエストが完了し、納品された時点で、登録されたクレジットカードへの請求が確定します。
  6. 7.商品の性質上、原則として、返品及び返金は出来ません。動画の内容に著しい不備がある場合には、当局までお問い合わせをお願いします。

第6条 (ログイン情報の管理について)
  1. 1.ユーザーは自己の責任と費用負担によって、本件サービスへのログイン情報(以下「本件ログイン情報」とする)の管理を行うものとし、本件ログイン情報を第三者に利用、譲渡、承継、質入その他一切の処分をし、公開等をしてはならないものとします。
  2. 2.本件ログイン情報の管理不十分による情報の漏洩、使用上の過誤、第三者の使用、不正アクセス等による損害の責任はユーザーが負うものとし、当局は一切の責任を負わないものとします。万一、本件ログイン情報が不正に利用されたことにより当局に損害が生じた場合、ユーザーは当局に対し当該損害を賠償するものとします。
  3. 3.ユーザーは、登録情報に変更が生じた場合又は本件ログイン情報を第三者に知られた場合もしくは使用されている疑いのある場合には、本利用規約及び当局が定める方法により、直ちに当局にその旨連絡すると共に、第三者による本件ログイン情報の利用を回避するため可能な限りの措置を取るものとし、当局の指示がある場合にはこれに従うものとします。
  4. 4.ユーザーが前項の連絡等の措置を取らなかったことにより不利益を被った場合であっても、当局は一切の責任を負わないものとします。ユーザーが本条第3項の連絡をしなかった場合、当局はユーザーが退会したとみなすことができるものとします。

第7条 (個人情報について)
  1. 1.当局は、ユーザーの登録情報を、以下各号の目的で利用します。
    1. (1) 本件サービスの運営(当局からユーザーに対して、あらゆる情報を提供することを含む)
    2. (2) 当局がユーザーにとって有益だと判断する当局のサービス(本件サービスに限らない)又は、広告主や提携先企業の商品、サービス等に関する情報の提供
    3. (3) 本件サービスの品質管理のためのアンケート調査及び当該結果の分析
    4. (4) ユーザーに対する、本件サービス運営に著しく影響を及ぼす事柄(本件サービス内容の大幅な変更、一時停止を含みますがこれらに限らない)に関する連絡
    5. (5) ユーザーから個人情報の取扱いに関する同意を求めるための連絡
    6. (6) 本件サービスに関するマーケティング分析をはじめ、研究開発全般で利用(研究開発に関する業務の一部を第三者に委託する場合には、特定の個人が識別されることのないように加工した上で委託する)
  2. 2.当局は、ユーザーの登録情報について、以下各号の場合を除き、ユーザー本人以外の第三者に開示しないものとします。
    1. (1) 本件サービスの向上、関連事業開発及び提携企業のマーケティング等の目的で登録情報を集計及び分析等する場合
    2. (2) 前号の集計及び分析等により得られたものを、個人を識別又は特定できない態様にて、第三者に開示又は提供する場合
    3. (3) 個人情報の開示や利用についてユーザーの同意がある場合
    4. (4) ユーザーが希望するサービスを提供するために、個人情報の開示や利用が必要と認められる場合
    5. (5) ユーザーが希望するサービスを提供する目的で、提携先等第三者が個人情報を必要とする場合(なお、当該提携先等の第三者は、当局が提供した個人情報をサービス提供のために必要な範囲を超えての利用はできない)
    6. (6) 当局がサービスとして提供するアンケート等への回答を依頼されたユーザーが、回答情報として当局に提供した文字、数字、静止画、動画像その他の情報を第三者に提供する場合(この場合、当局の情報提供先は当該アンケートの発注元及び提携企業に限るものとし、ユーザー個人が特定できない形式での提供)
    7. (7) 当局又は提携先等第三者の広告、サービス等に関する情報を、ユーザーに送信する場合
    8. (8) 法令に基づく場合
    9. (9) 当局、ユーザーその他第三者の生命、身体もしくは財産、又は当局が提供する一切のサービスの保護のために必要がある場合
    10. (10) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合
    11. (11) 国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合、これらの者から正当に開示を求められた場合

第8条 (Cookie等及びIPアドレス情報について)
  1. 1.当局は、以下各号の目的を達成するため、Cookie・広告識別番号及びユーザーから取得したアクセスログ(IPアドレスを含み、以下「Cookie等」という)を利用することがあり、ユーザーはこれを承諾するものとします。
    1. (1) ユーザーが登録情報の一部を入力することにより、全部を入力する手間を省くため
    2. (2) ユーザーの動向を分析し、よりよいサービスを企画、提供するため
    3. (3) 複数回以上にわたって、同一広告を露出しないよう調整するため
  2. 2.ユーザーは、その利用するパーソナルコンピュータやスマートフォン端末等における設定やブラウザの設定により、Cookieの受理を承諾するものとします。ブラウザの設定によりCookieの受理が拒否される場合、当局はユーザーの情報を正しく認識できない可能性がありますが、それに起因してユーザーに生ずる損害について、当局は一切の責任を負わないものとします。

第9条 (知的財産権等について)
  1. 1.本件サービスを構成する文章、画像、プログラムその他一切の情報について発生している著作権その他の本件サービスに関する一切の知的財産権、肖像権及びパブリシティ権その他の人格権ならびに所有権その他の財産権は、当局又は当該権利を有する第三者に帰属しています。
  2. 2.当局は、ユーザーが本件サービスにおいてモデルにリクエストを送った全ての情報(文字情報、画像情報等を含みますがこれらに限られない)について、これらを保存・蓄積した上、本件サービスの円滑な運営、改善を目的として、あらゆる態様で利用できるものとし、ユーザーはこれに同意するものとします。
  3. 3.当局は、ユーザーがリクエスト送信時に同意頂いた場合に限り、上記の他に、当局又は本件サービスの宣伝告知等(第三者のメディアへの掲載を通じた紹介記事・コンテンツ等も含まれる。)を目的として、あらゆる態様で利用できるものとし、ユーザーはこれに同意するものとします。

第10条 (反社会的勢力の排除について)
  1. 1.ユーザーは、現在かつ将来にわたり、反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標榜ゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者)に該当しないこと、また暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求行為、取引に関して脅迫的な言動をし暴力を用いる行為、風説を流布し偽計を用いまたは威力を用いて信用を毀損しまたは業務を妨害する行為、その他これらに準ずる行為を行わないことを表明するものとします。
  2. 2.ユーザーが前項の定めに違反したと当局が判断した場合、当局は該当ユーザーを事前通告なしに即時退会させ、本件サービスの提供を終了することができるものとします。この場合、当局は、ユーザーに対し、一切の責任を負わないものとします。

第11条 (禁止事項について)
  1. 1.ユーザーは、本条第4項に定める行為又は内容・表現もしくはその恐れのある内容・表現を含むメッセージの送信等(以下「送信等」とする)の禁止事項を行ってはならないものとします。
  2. 2.ユーザーが本条第4項に違反したと当局が判断した場合には、当局は、ユーザーが送信等をした内容の削除、本件サービスの全部又は一部の利用停止、退会処分、その他当局が適切と判断する措置をとることができるものとします。
  3. 3.ユーザーが本条第4項に定める禁止事項のいずれかに違反した場合、当局は、該当するユーザーに対し、その行為により当局が被った一切の損害(合理的な弁護士費用を含む)の賠償を請求できるものとします。
  4. 4.本条第1項に定める禁止事項とは以下に定めるとおりとします。
    1. ①殺害・虐待・自殺・自殺行為を肯定・勧誘あるいは助長する又はその恐れのある内容(殺害・自殺の方法などを送信等する行為を含む)の送信等
    2. ②過度に残虐又は暴力的な内容の送信等
    3. ③社会通念上、不適切と解釈され、又はその恐れのある表現・内容の送信等
    4. ④アダルトサイト、出会い系サイト関連の表現・内容の送信等又はこれらのサイト等へのリンク
    5. ⑤性に関する表現で、わいせつな行為又は対象を連想させるもの、その他卑猥な表現・内容の送信等
    6. ⑥健全な社会通念に反し、品性を損なうような行為、表現・内容の送信等
    7. ⑦その他、一般的にモデルやユーザーが不快に感じる、又はその恐れのある表現・内容の送信等
    8. ⑧当局、その他第三者について、誹謗中傷もしくは侮辱する、又は名誉や信用を傷つける行為、表現・内容の送信等
    9. ⑨人種、民族、性別、信条、社会的身分、居住地、身体的特徴、病歴、教育、財産等による差別につながる表現・内容の送信等
    10. ⑩本人の承諾のない個人情報(但し、一般に適法に公開されている情報は除く)の送信等
    11. ⑪ユーザー以外の者の特許権、商標権、著作権、著作者人格権、肖像権及びパブリシティ権等の知的財産権を含む一切の権利を侵害する、又はその恐れのある行為、表現・内容の送信等
    12. ⑫第三者の財産、プライバシー等個人の権利を侵害する、又はその恐れのある行為、表現・内容の送信等
    13. ⑬違法薬物、火器・けん銃など違法武器、爆発物の製造、売買春、児童ポルノの提供、公文書偽造、殺人、傷害、詐欺、窃盗等の犯罪その他の法令違反行為を推奨・肯定・勧誘もしくは助長する又はその恐れのある行為、表現・内容の送信等
    14. ⑭犯罪その他の法令違反行為を推奨、肯定、もしくは助長する等、社会的に有害であるもの、又はその恐れのある行為、表現・内容の送信等
    15. ⑮出会いを希望もしくは誘導することを目的とするもの、又はその恐れのある行為、表現・内容の送信等
    16. ⑯自分以外の者に恐怖心を生じさせる目的で危害を加えることを通告する脅迫行為やストーカー行為
    17. ⑰その他、法令もしくは公序良俗に違反するもの、又はその恐れのある行為、表現・内容の送信等
    18. ⑱本件サービスの一部の利用権を、当局が定めた以外の方法で譲渡する行為
    19. ⑲本件サービスの全部又は一部の利用権をもって、現金その他の財物、財産上の利益との交換取引をすること、もしくは交換取引をすることの宣伝・告知・勧誘する行為
    20. ⑳個人、法人問わず、自ら又は組織等を偽る行為
    21. ㉑宗教団体もしくはそれと同視し得る団体への勧誘、布教、寄付等を求める、又はその恐れのある行為
    22. ㉒本件サービスの運営を妨害する行為
    23. ㉓その他、当局が不適切と判断する行為

第12条 (本件サービスの停止・中止・終了について)
  1. 1.当局は、事前に通知することなく、本サイト又は本件サービスの内容を変更または終了することがあります。
  2. 2.当局は、ユーザーが、前項の変更などに伴い被った不利益、損害についても、責任を負いません。
  3. 3.当局は、以下の何れかの事由に該当する場合、事前に通知することなく本サイト又は本件サービスの一部もしくは全部を中断または停止することがあります。
    1. ①本件サービスの提供のための装置、システムの保守点検、更新を定期的にまたは、緊急に行う場合
    2. ②火災、停電、天災など不可抗力により、本件サービスの提供が困難な場合
    3. ③第一種電気通信事業者の役務が提供されない場合
    4. ④そのほか、運用上あるいは技術上当局が本件サービスの一時中断、もしくは、停止が必要であるか、または当局が本件サービスの提供が困難と判断した場合
    5. ⑤当局は、本件サービスの提供の一時中断、停止などの発生により、ユーザーまたは第三者が被った不利益、損害について、責任を負いません。

第13条 (退会について)
  1. 1.ユーザー登録を行ったユーザーは、当局の定める手続きにより退会することができます。
  2. 2.退会した場合、本件サービスを通じてモデルから受け取った本件メッセージは一切閲覧できなくなります。但し、当局との約定によってダウンロードが可能となっているメッセージで、かつ、ユーザーが退会前にダウンロードした本件メッセージについてはこの限りではありません。
  3. 3.当局は、ユーザーが以下のいずれかの事由に該当する場合、又はその恐れがあると当局が判断した場合、ユーザーへ事前に通告・催告することなく、かつユーザーの承諾を得ずに、当局の裁量により直ちに、当該ユーザーに対して、本件サービスの全部又は一部の利用停止、退会処分、その他当局が適切と判断する措置をとることができるものとします。
    1. ①本利用規約に違反した場合
    2. ②登録情報に虚偽、過誤がある場合
    3. ③登録された電子メールアドレスが機能していないと判断される場合
    4. ④第三者になりすましてユーザー録を行った場合
    5. ⑤第8条に定める禁止事項を行った場合
    6. ⑥ユーザーが死亡した場合
    7. ⑦その他、当局がユーザーとして不適切と判断した場合
    8. ⑧前項の場合において、当局が何らかの損害を被った場合、ユーザーは当局に対して当該損害を賠償するものとします。
  4. 4.当局はユーザーに対して、前項に定める措置の理由を開示する義務を負わないものとします。

第14条 免責事項について
  1. 1.当局は本サイトに記載された情報の完全性・正確性を保証するものではありません。
  2. 2.本サイトに含まれる情報もしくは内容を利用することでユーザーに直接・間接的に生じた損害について、当局は一切責任を負いません。
  3. 3.当局は、本サイト及び本件サービスのすべてまたは一部を、ユーザーに事前に通告することなく変更・停止・中断・終了することができるものとします。なお、当該変更・停止・中断・終了などによってユーザー又は第三者に生じた損害について、当局は一切の責任を負いません。

第15条 本規約の改訂について
当局は、ユーザーの了解を得ることなく、本利用規約を変更することがあります。 変更後の本利用規約は、当局が別途定める場合を除き、本ページ上に表示した時点より、効力を生じるものとします。

第16条 準拠法および管轄裁判所について
本件サービス及び本サイトの利用ならびに本利用規約の解釈および適用は、ほかに別段の定めのない限り、日本国法に準拠するものとします。また、本サイトの利用に関わるすべての紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

以上